包茎の種類ガイド|包茎で悩む日本人男性のために

個人差がある包茎の悩み

包茎は、大きく分けると、仮性包茎真性包茎カントン包茎に分けられるといいます。
子供が生まれたときにすぐに割礼をする文化のある国では、比較的包茎は少ないのですが、自主性を重んじる海外では、自分が物心がつかないうちに勝手に割礼をされたということで、もう一度包皮を再生する手術を受ける人もいるそうです。

 

宗教観やその国の文化などに影響されやすいこうした習慣ですが、基本的に日本人は割礼されないまま思春期を迎えます。
そして日本人に一番多いタイプは仮性包茎です。
通常は、包皮が亀頭を覆っていますが、手で簡単に露出させることができるので、仮性包茎という名前がついています。
勃起時には自然に亀頭が露出するものから、そのまま皮をかぶった状態の人もいます。

 

通常時も勃起時も皮をかぶったままなのが、真性包茎であり、真性包茎ですと、性行為が難しくなります
亀頭の成長を妨げてしまい、形も先細りになりますので、早急に手術が必要になるタイプの包茎です。

 

最後に、カントン包茎というタイプは、平常時に少し無理をすれば亀頭を出すことができますが、包皮の部分が狭いため、亀頭を締め付けてしまう傾向があります。水ぶくれになったり、腫れ上がったりしてトラブルになりやすい包茎です。

 

それぞれの包茎のタイプがありますが、共通していえるところは、雑菌や細菌の影響を受け、性病などにかかりやすいところです。衛生面も気になります。

包茎手術に定評のあるクリニック

皐月形成クリニック・・・包茎手術や亀頭増大に定評のあるクリニックです。体験談が多いので参考になります。
上野クリニック・・・知名度の高い包茎専門クリニック。テレビCMでもおなじみ。
http://xn--v8jvdsdd6oa3lpcxpw67xnlxes6ct56jv5d.com/・・・包茎手術で有名な上野クリニックを口コミと一緒に詳しく紹介しているサイトです。
  • (2013/09/13)その他を更新しました
  • (2013/09/13)金融を更新しました
  • (2013/09/13)医療を更新しました
  • (2013/09/13)人材派遣を更新しました
  • (2013/09/13)美容を更新しました